Summary

甘草

眠っている遺伝子を揺り動かす

大豆エナジー(幼名ベジタブル製薬)は、 従来の生薬的な発想で畑に種を蒔いて、気長に、根、 茎、葉に有効成分が溜まるのを待つのではなく、我々の方から積極的に植物に働きかけて、眠っている遺伝子を揺り動かし、潜在能力を引き出すことで、短期間のうちに〈多種多様な有効成分〉を大量に得ることを目指しています。

それを可能にしたのが落合式ハイプレッシャー法(特許第5722518号/特許第5795676号)です。この技術の特長は、発芽直後の遺伝子発現とそれに誘発される代謝メカニズムに注目したところにあります。発芽ステージこそが人間が植物をもっとも恣意的に制御できるタイミングと考えたからです。

プロモーターボックス

2つの外部刺激(ストレス)

落合式ハイプレッシャー法では、まず発芽中の種子に酸素、二酸化炭素、温度、水量などのさまざまな外部刺激を与え、主に免疫関連物質の産生を促します。第二の刺激としてエリシター(生体防御関連遺伝子を活性化する物質の総称)を投与することで免疫関連物質の代謝を爆発的に誘導させることが出来ます。その結果、発芽中の種子は多種多様な新規活性物質を次々と産生していきます。

種子

ポストイソフラボンの発見

わたし達は大豆に注目しました。大豆は植物にもかかわらずタンパク質をつくり、それゆえ広範囲の産業分野に貢献しています。同時に遺伝子の解析も進展しています。
わたし達の研究チームは、経済産業省戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業)において、大豆を用いた実験「イソフラボン類縁物質の探索」で既に107種類の未知物質と610種類の既存物質(これまで入手困難と言われた物質も含む)の発見に成功しました。

そのひとつである大豆グリセオリン(Ⅰ~Ⅵ)は食品と医薬品の境界なく注目されているポストイソフラボンと言われている活性物質です。落合式ハイプレッシャー法の活用で発見、同定、抽出が可能になったのです。と同時に、イソフラボンはグリセオリンを作るための原材料としてタイミングよく供給されることが判明したのです。

35万種類の種子

大豆エナジー社は、従来の生薬研究のように南洋諸島や海底まで出向いて希少な薬用植物を探すのではなく、足元の35万種にも及ぶ植物の〈種子〉に着目して、人類の健康に有用な物質を次々と発見していくことをミッションとして設立しました。
人類がまだ発見していない未知の優れた物質が、足元の植物から発見されていきます。

大豆エナジー社員一同