Research Outline

大豆の機能性の解明に向けて

大豆エナジーは積極的に外部の研究機関と共同研究を行っています。

  • 京都大学院

    京都大学大学院 農学研究科食品分子機能学分野河田 照雄教授

    実施内容

    グリセオリン類による褐色脂肪細胞の活性化メカニズムの解明

    共同研究開発名

    戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業)「次世代型植物エストロゲン【グリセオリン】の大規模工業化」

  • 九州大学農学研究院

    九州大学農学研究院 生命機能科学部門 食料化学工学講座松井 利郎教授

    実施内容

    • a)グリセオリン類のNMRによる構造解析
    • b)グリセオリン類の腸管吸収性(血中移行率)の調査、食品原料としての有効性評価

    共同研究開発名

    戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業)「次世代型植物エストロゲン【グリセオリン】の大規模工業化」

  • 国立研究開発法人理化学研究所 環境資源科学研究センター 代謝システム研究チーム澤田 有司研究員

    実施内容

    グリセオリン類他発芽大豆から得られる二次代謝化合物の多様化解析

    共同研究開発名

    戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業)「次世代型植物エストロゲン【グリセオリン】の大規模工業化」

  • 熊本大学発生医学研究所

    熊本大学発生医学研究所 細胞医学分野中尾 光善教授

    実施内容

    グリセオリン類の再発性乳がん増殖阻害効果の評価

    共同研究開発名

    戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業)「次世代型植物エストロゲン【グリセオリン】の大規模工業化」

  • トヨタ自動車株式会社 新事業企画部バイオ・緑化研究所畦上 修所長

    実施内容

    大豆発芽時における環境制御による物質産生性の品種評価手法の研究

    共同研究開発名

    「すこやか大豆プロジェクト(新規機能性大豆系統の開発)」

  • 佐賀大学 農学部 植物遺伝育種学分野穴井 豊昭教授

    実施内容

    点突然変異高オレイン酸含有大豆を用いた落合式ハイプレッシャー法によるアミノ酸及びイソフラボンの産生評価

    共同研究開発名

    「高オレイン酸含有ダイズの発芽加工適性試験」

  • 熊本大学大学院

    熊本大学大学院 先端科学研究部 太田 広人助教

    実施内容

    グリセオリンⅠによるGPCRへのリガンド活性評価

    共同研究開発名

    「大豆由来グリセオリンⅠのGタンパク質共役型受容体(GPCR)アッセイ」