社長インタビュー

大豆エナジー・果実堂ロゴ

大豆エナジーを設立した理由、そしてその名前に込められた想いとは。
代表取締役社長の井出剛へ、大豆事業への参入についてインタビューを行いました。

井出 剛

井出 剛(Tsuyoshi Ide)

  • 1986年同志社大学法学部政治学科卒業。
  • 1990年シキボウ・ライフテック株式会社に入社(髙島文子と出会い結婚する。)
  • 1997年株式会社トランスジェニック設立、
  • 2002年東証マザーズ株式公開。
  • 2005年株式会社果実堂設立、代表取締役社長 就任(同時に短編映画制作会社を断念する。)
  • 2017年10月に大豆エナジーを設立し代表取締役社長を兼任する。

賞罰

  • 2003年10月 「藍綬褒章」(新産業貢献)受章
  • 2002年10月 「新事業挑戦者表彰」内閣総理大臣表彰受賞

Q

果実堂は、ベビーリーフ生産では国内最大の農業ベンチャー企業ですが、何故、新しく大豆エナジーを設立したのですか。

A

下記の図表を見て下さい。各国の大豆の生産量と消費量をグラフで示しています。このグラフから2つのことがわかります。ひとつは、日本は他国と比べてダントツに大豆の消費量が多いということです。
日本人は古くから炭水化物は米から、タンパク質は大豆から摂取してきたと思われます。
ふたつめに大豆は、豆腐、豆乳、納豆、醤油、みそ、油、乳化剤の原料として日本の食品業界に大きく貢献しています。大豆はいわば食品業界の半導体です。にも関わらず日本の大豆生産量は非常に小さいのが現状です。これは大問題ですね。
機能性成分もイソフラボン、サポニン、オリゴ糖そして辻製油が開発したレシチンなどが幅広く使用されています。大豆の機能性研究は出尽くしたという方もおられベンチャー企業の参入の余地はないともいわれました。

主要国の大豆生産量と摂取量グラフ 主要国の大豆生産量と摂取量グラフ

大豆が原料となる食品

Q

であれば大豆エナジーは“遅れてきた青年”ですね。

A

ところがあるベンチャー企業の社長との出会いで目からウロコが落ちる経験をしました。落合孝次氏(現 大豆エナジー取締役 技術本部長)です。
彼は私に言いました。「穀物として眠っている状態の大豆ではなく、目が醒めて遺伝子が動き始めたばかりの発芽中の大豆に目を向けてください。機能性の世界がガラリと変わりますよ」
そして膨大な有用成分が大豆から産生される現場を目撃したのです。

イメージ
シードライフテック時代の落合孝次氏

Q

そんなに凄い技術なんですか?

A

私は文科系ですからうまく表現出来ませんが、落合氏はヒトのES細胞のように発芽直後の大豆にも人が外部から効果的に刺激して急激な代謝促進が得られるタイミングがあるということを実証していたのです。

イメージ

Q

革新的な技術に出会って驚いたことはわかりましたが、起業家として具体策はあったのですか。

A

不幸なことに落合氏のベンチャー企業は資金回収を急ぐベンチャーキャピタルや銀行、取引先の怒号に包まれ火の車になっていました。しかし私は落合氏が紡ぎ出した技術こそが日本の大豆の将来を間違いなく変えると確信しました。
そこで落合氏に熊本に来て頂き静かな環境で研究を続けてもらうとともに、代謝技術の特許化と事業化を進めました。2年間の試行錯誤を経てそろそろ腰を上げる時がきたと思って、このたび大豆エナジーを設立しました。

Q

大豆エナジーのビジョンをお聞かせください。

A

まずは食品分野への挑戦です。下記のグラフを見てください。2055年には世界の人口が100億人を突破します。もはやこれだけの人口を牛肉、豚肉、鶏肉、魚肉では補うことは出来ません。そこで植物なのにタンパク質を生産する大豆の出番となります。落合式ハイプレッシャー法は大豆の栄養価を著しく向上されることが出来ますし、しかも圧倒的にグルタミン酸が増えるから美味しい。だから私たちは食肉に代わる【落合式ミラクルミート】を開発して世界の飢え撲滅に貢献することにしました。ベンチャー企業にとって理念を持つことが一番重要です。

世界の人口が100億人を突破する日 世界の人口が100億人を突破する日

次に創薬への挑戦です。落合式ハイプレッシャー法をある特殊な方法で用いると未知のフィトアレキシン(イソフラボンなどの二次代謝物質)が3万種類以上も発見されました。しかもそれぞれが独自の構造と機能性を持つことから、これらは有用なシード化合物になり得ます。この情報を大手製薬企業の探索部門に大規模に提供していきたいと思っております。
大豆から画期的な新薬が産まれる日も遠くないと思います。

イメージ

Q

最後に大豆エナジーの名前の由来を教えて下さい。

A

大豆エナジーという名前には我々の技術がエネルギーを発して国内はもちろんのこと世界の人々の健康に貢献してもらいたいという想いが込められています。